気軽に自然を満喫!?【高塔山】北九州市若松区

椿
こんにちは、椿です。
今回は自家のある福岡県北九州市若松区の高塔山ご紹介します。

故郷の山「高塔山」

この日は、実家(福岡県北九州市若松区)に帰ったついでに「高塔山」に登ってきました。

まずスタートは、若戸大橋の橋台そばにある若松区役所の駐車場。ここに車を止めます。土・日・祝祭日は一般開放をされていて無料で駐車でき便利です。そして橋の下を通って若戸渡船(若松渡場)へ。若松区と戸畑区を片道3分で結んでいます。 料金は片道大人100円・小児50円、また50円プラスすると自転車と一緒に乗船でき、ちょっとした船旅が楽しめます。そのまま、レトロな建物が並ぶ若松南海岸通り見ながらJR若松駅に向かいます。
ここで山頂でお昼に食べようと思い、駅弁(かしわめし弁当)を購入。

そのまま線路沿いを歩き、金刀比羅神社→高野山東南院と頂上へ向けて登り始めます。 高野山東南院を抜け、若松出身の作家「火野葦平」の文学碑、万葉の歌にちなんだ若木50数種を集めた万葉植物園を抜けて、山頂にある高塔山公園に到着です。

少し降って高塔山野外音楽堂。
ここ高塔山野外音楽堂では、毎年ロックフェスが行われていて、今年も日曜日、9月15(日)に“高塔山ロックフェス2019”が開催されます。
ここで駅で購入した駅弁を食べ、ちょっとお湯を沸かし、コーヒブレイク。

その後、大きな日本地図の形をした花壇の各県の場所に、その県の県木が植えられている「県木の森」を通り 白山神社へ、そして下山。

ここ高塔山は、春は桜とつつじ、6月は紫陽花の名所でも知られ、季節を感じるには手軽なスポットで 日本夜景遺産にも登録されている市内有数の夜景スポットでもあります。

北九州市 高塔山公園の紹介ページ

2時間30分、約6kmのウォーキングでした。 次回はどこを歩きましょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA